OA機器にまつわるアレコレ|インクの濃い情報

性能の違い

printer

プリンターやコピー機などに使われているインクには、互換インクと純正インクの2種類があります。その中でも、互換インクは、それぞれのプリンタに向けて販売しているインクであり、独自に業者が作ったインクになります。プリンターのインクを購入する際には、多くの企業や会社の人が純正インクを購入すると考える人が多いでしょう。純正インクは、プリンターを製造したり販売している各メーカーからは作られているインクとなります。しかし、純正インクの値段は互換インクに比べると高く、プリントやコピーを大量に行なう会社などではコストがかかってしまうのです。製品は異なりますが、機能や品質は純正と全く変わりません。ですが値段が安いので、人気高く魅力的なインクなのです。機能や質は高いが値段の安い互換インクですが、その値段は製造している会社によって異なります。しかし、純正インクに比べると半額以上の安い値段で購入することが出来ます。プリントやコピーを大量に行なっても、この値段ならコストへの心配も減らせられるでしょう。

機能や質が高い上に値段の安い互換インクには、安い以外にもくつかのメリットがあります。それは、オリジナルとして作られているカートリッジのためインクの容量が多く純正に比べお得ということです。また、各メーカーによって性能などは多少違いがありますが、品質の高いメーカーの互換インクであれば純正と変わらない印刷を行なってくれます。印刷する際には、色ムラや色あせなどは避けたい問題です。印刷時にこれを防ぐためには、激安での販売や保証のついていないインクカートリッジには注意した方が良いでしょう。値段の安さが魅力的な互換インクですが、値段の安さに惹かれて購入してしまうとその分質を下げている可能性もあると考えられます。最近では、安さと質の良さを兼ね揃えたインクカートリッジをネットでも多く取り扱て販売しております。各メーカー互換インクを比較することも出来ますので、良いインクカートリッジ探しの参考にすると便利です。