OA機器にまつわるアレコレ|インクの濃い情報

性能の違い

printer

インクには、純正と互換がありそれぞれで特性などは異なります。各メーカーによっても特性は異なり、インクに含まれている成分などは多くのメーカーでは明かされていません。

Read More...

賢くリサイクル

printer

オフィスから大量に出た空のインクカートリッジは、リサイクルすることで処分の手間を省くことが出来ます。リサイクルは環境にも良いので、多くの会社や企業が利用しています。ネットで業者のHPを見ることで、詳しく調べられます。

Read More...

互換と純正の違い

printer

互換インクの会社のホームページで、わからないことがあれば質問したり、疑問点を解決した上で安心して購入すれば活用価値はぐっと上がります。純正インクを使う場合、数回の補充でプリンター本体の価格を越えてしまう場合がある事を考えられます。

Read More...

互換インクがお得

互換インクは安価な値段

printer

現在は家庭でパソコンがあるのは常識になってきています。 併せて、家庭にプリンタをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 プリンタは以前に比べて、とても購入しやすい価格になってきています。 エントリー機種であれば、家電量販店では5千円程度で入手することが出来ます。 スマホ・タブレットなどを使用して、画面で情報を見ることが多いですが、 その情報を紙に印刷して確認するという作業は、今も多くあります。 そして、今後もプリンタの需要は引き続き高いでしょう。 プリンタ本体は安価ですが、純正のサプライ品(インク)は、 結構な値段がします。 純正インクを数回交換すると、そのプリンタ本体が購入できる くらいの値段がしてしまいます。 そのような、インク購入料金の負担を減らせるのが 互換インクになります。

インクの種類について

互換インクは多くもメーカーで商品を出しています。 インクジェットプリンタであれば、カートリッジに入った 純正品に近い商品や、液状で購入した人が詰め替える方法のものなど さまざまです。 純正品に近い、カートリッジに入った互換インクは、 少し値段が高めです。反対に液状で購入した人が詰め替える方法の インクは値段が安めの状況があります。 写真の印刷品質については、プリンターメーカーの純正インクが プリンターの特性を一番よく知っていることから、 色合いや保管期間などが最も優れています。 しかし、印刷はテキストの文章だけで、見ることが出来ればよい という方であれば、安価な互換インクを使うのも コストパフォーマンス的に良い方法になります。